脇の臭いのメカニズム

脇の臭いが出るのは脇の皮膚の上に汗、皮脂、埃が長時間付着した状態で雑菌が発生してその雑菌がこれらを分解する時に臭いが発生するのです。

雑菌の発生を防ぐこと。すなわちこれが脇の消臭にとってまず効果的ではないしょうか。

雑菌の発生を防ぐにはまず皮膚を清潔にしておくこと。汗やほこり、皮脂が皮膚に長く付着しないように、汗をかいたらよく拭く。日頃からシャワー等あびて清潔にする。

汗を多くかいた時は洋服や下着を着替える。などといったことになります。

ただし、過度に石鹸などをたくさん使って体を洗いすぎると、逆に毛穴からさらに多く皮脂が出てきてしまうので、体を洗う回数などもあまり過度に多くならないように気を付けてください。

また、体質によって体を洗うときは成分や、タオルの生地によっては肌を傷つける場合があるので気を付けて下さい。

肌が傷つくとそこに雑菌が残って入り込み臭いが増す感じがするようですよ。

また食生活やアルコール、ストレスから皮脂が分泌しやすい場合があるので、こちらについては肉中心や油分の多い食事からバランスの良い食事に変える。

夜はぐっすり眠るなどでストレスを溜めないようにすると、自然と皮膚から分泌される皮脂の量は自然と少なくなり、臭いも少なくなるようです。

洋服に染着いてしまった臭い、黄色いシミはどうする?

皮膚を清潔にしていても既に洋服や下着に臭いがついていれば、再びそこから臭いが発生します。

洋服に黄色くシミが残ったときは、重層と漂白剤を2対1の割合でまぜそれを黄色くなった部分につけ、蒸気を5分位あてると汚れが浮きあがってくるようです。

実際私も重層と柄物専用の漂白剤で塗りしばらく(10分位)そのままにして、水(ぬるま湯)で洗うと、臭いも無く、汚れがでてきたのは実感できました。

残念ながらすっきりとは落ちませんでしたが、色は薄くなっていました。あと以前お話したミョウバン水ですが、酸化した臭いに効果があるので一度試してみて頂きたいです。

作り方はミョウバン50グラムに対して水道水1,5リットルを良くふってミョウバンが解ければOKです。

これを基礎として、大体10倍位希釈して化粧水のような感じで拭くようです。ミョウバンは薬局やスーパーで売られていて100円位だと思います。

最後に

脇の臭いを抑えるには体を清潔にして汗をかく予防としてデオドラントを使用して(過度の使いすぎの肌荒れには注意)、汗をかいたらできるだけ早く拭く。

汗がこもらない通気性のよい服装、気温の変化にも調節できる服装にする。ということだけ気を付けるだけでも大分違うと思います。

それから、他人が臭いを感じるのは個人差もあるようなので、あまり過度に気にしすぎるのも良くないかもしれませんね。

脇の臭い消臭対策してもどうしても、気になる程度臭いがするようでしたら、一度皮膚科などの病院に相談してみるのもひとつの方法かもしれませんね。

当サイトおすすめの脇の臭い消臭クリームはこちら

詳細はこちら【NOANDE】
脇の臭いを99.9%除菌消臭してくれるクリームです。汗にも強く、手軽にどこでも利用できます。120日間の返金保証付きです。