自分が思う臭いと他人が思う臭いに違いはある?

自分が感じる臭い

酸っぱいような感じがするとか、衣服に着いたものを臭うなど自覚する脇の臭いはあると思います。

ただ、精神的に神経質になりすぎて、本来はそれほど臭わないのに、凄く臭う。と感じてしまうことあるようです。

逆に臭いがあるのにその臭いに慣れてしまってそれほど感じなくなってしまうこともあるようですね。

他人が感じる臭い

他の人が感じる臭いはそのまま、素直に臭いを感じてしまうと思います。

その臭いが脇の臭いなのかどうか判断は難しいかもしれませんが、空気に広がって臭いが伝わるのでそのように感じるのではないかと思われます。

特に湿度が高い時は臭いとその空気の重さが加わって臭い以上に感じてしまうかも知れませんね。

脇の臭いが伝わるのは?

脇の臭いは雑菌の原因とお話しましたが、衣服にしみついて、その衣服から空気と共に臭いが出ることが多いと思われます。

自分から発する脇の臭いはもちろん自分自身の皮膚に付着した皮脂、ほこり、水分を雑菌が分解してできる臭いなのですが、皮膚に着いた臭いが衣類に移り臭うこともあるでしょう。

また、衣類自体が臭う。衣類自身にその臭いがしみついて、(もちろん洗濯した衣服ですが)これが、温かくなると、臭いが広がることもあると思います。

これが、自分自身が感じる臭いと他の人が感じる臭いに違いがでることがあるようです。基本的に臭い自体は同じと思うのですが、個人感じる物の違い等も大きく左右されるようですね。

例えば香水等の香りなどについてもいえると思うのですが、一人の人はいい香りと思われても、また別な人にとってはいい香りとは思わなかったりするケース。

また同じ香りでも人によっては花の香りに感じる人があれば、フルーツの香りに感じるなどのケース。同じ香水でも人によって印象が違ってきますよね。

このことが脇の臭いについてもあてはまることだと思います。ですから、臭いにお関しては個人差がかなりあると考えられあまり神経質になることはありませんね。

当サイトおすすめの脇の臭い消臭クリームはこちら

詳細はこちら【NOANDE】
脇の臭いを99.9%除菌消臭してくれるクリームです。汗にも強く、手軽にどこでも利用できます。120日間の返金保証付きです。